Tully’sCOFFEEに物申したい

10年ほど前だろうか

とある雑誌の喫茶チェーン店ランキングでTully’sが最下位となった

その時は気にも留めなかった

(Tully’sが最寄り駅にあったので少し不快ではあったが)

しかし、ここ2ヶ月くらいTully’s通い詰めてわかった事

それは Tully’sは素晴らしいという事だ

なので 今回はTully’s COFFEEの何が素晴らしいのか ランキング形式で発表したいと思う

第5位 店員の笑顔と相槌

Tully’sはファストフード形式なので 入店後すぐに会計があるのだが、ドアを開けた瞬間にしっかり時間帯にあった挨拶をしてくれる

そして、会計の際も顔を少し近づけ低姿勢で時折目線を合わせながら相槌を打ち笑顔を忘れない

それでいて、メニューを決めかねている時にプレッシャーを感じるようなこともない

終始気分が良く、また来たいな という気持ちにさせる

教育が行き届いているというよりも、人柄がそうさせるのかなと思う

第4位 空いているテーブルを拭いて回る

Tully’sは一定時間おきに 空いてるテーブルを拭いて回る

これは衛生面においてとても大事な事である

もちろん 閉店後にしっかりと清掃されていれば問題はないが、お店を綺麗に保とうとする姿勢が「目に見える」事が客目線で重要であり、Tully’sはその点ぬかりがない

そしてもう一つ重要な役目をしていて、それは客を退店に導くということである

喫茶チェーン店全てに言える事であるが、喫茶店は客単価を上げることが難しいため、回転率で利益を出さなければならない

そうした時に 適度に客を循環されなければならない

自身の横の空いたテーブルを吹かれると、帰らないといけないかな?というプレッシャーになる

しかし、言い換えればそろそろ出ようかな?というキッカケ作りも買っている

喫茶店はついつい長居しがち

客を退店へと導くTully’sのテーブル拭きはタイミングが絶妙である

第3位 店員がかわいい

先述した笑顔や愛嬌も合わさり店員がとてもかわいい

男性店員も熊さんみたいでかわいい

店員を観察していると、会計を済ませ 商品を渡し終わったその瞬間 笑顔から真顔になる

これはしょうがないことである

しかしTully’sでは真顔に戻る瞬間がコンマ数秒遅いと思う

多分 笑顔を直ぐに切らさないようにとマニュアルがあると思う

この目の付け所はとても評価が高い

そして 某喫茶チェーンを選ばずTully’sを選択した人間性とセンスは心をくすぐる

タイプである

第2位 ネームプレートが苗字ではなくて名前

Tully’sではネームプレートに苗字ではなく下の名前が印字されている

もちろん 熊さん似店員さんの苗字が熊井さんという奇跡は奪ってしまうが、発見した時にとても嬉しかった

まるで 隠れミッキーを見つけた時のよう

このキラリと光るセンスがTully’sの良いところの真髄かなと思う

栄えある第1位は?

第1位は店員同士の仲がよい

会計の列がなく 仕事の手が空いた瞬間や、シフトチェンジで入れ替わる瞬間など、終始笑顔で会話をしている

その姿がとても仲がよく見えるのだ

仕事中に喋るなよ と思われる方もいるかもしれないが、喫茶店で静寂を求める人は少ない

店員達の笑顔と会話はとても心地が良く お店の雰囲気をワントーン明るくしてくれる

僕は 自慢ではないが、人と人の本当の仲を見抜くのが得意である

僕はアイドルグループが好きで、ファンの方の中には「メンバーはみんな仲が良い!」という声をあげる人もいるが、そんな事は絶対にない

必ず仲の悪い組み合わせがあって、それを見抜くのがまた楽しい

しかし Tully’sではそんな仲の悪さが この2ヶ月では感じ取ることができなかった

本当に仲が良いのか

見抜くには期間が短すぎるのか

僕は結論として前者に辿り着いた

先述したアイドルグループの仲の悪さ

これが何故生まれてしまうのかというと、それは人間性の相違にある

アイドルは客商売であるため沢山の需要を拾わなくてはならない

そのため、似たり寄ったりな人選では多種多様なタイプに対応できない

色んな思考を持った人間が一同に会せば、仲の悪い組み合わせが出来るのは必然なのだ

Tully’sの話に戻ると、Tully’sは面接の段階でお店の雰囲気に合うかどうか厳正な審査をしている筈だ

既存のメンバーと仲良くできるか なじめるか

人間性を良い意味で一定化し、お店の色を作っている

だから店員同士の仲がとてもよく居心地がいいのだ

まとめとして

今回Tully’sをランキング形式で考察したが、要約すると「人柄とマニュアル」が素晴らしいという事に辿り着いた

ただ 組織化するだけではダメで、お店の色を作る人柄を第一に考え 両者を掛け合わせている

機械的でなく 温もりがある

そんなTully’s COFFEEは

今日も人々の心を癒す

コメント