第4回 ヒカルの碁 1巻

漫画一押しシーンとその解説

第4回漫画一押しシーンはヒカルの碁

進藤ヒカルはお小遣い稼ぎにと家にある蔵で掘り出し物を探す

その折偶然見つけた一つの基盤によって霊に取り憑かれ、導かれるように囲碁の世界に引き込まれていく

取り憑いた霊、藤原佐為頼みもありヒカルは碁会所で1人の少年と対局をする

その対局相手は塔矢アキラ

小学6年生にしてプロと同等の力を持つと言われる凄腕の少年だったのだ

しかし藤原佐為はその塔矢アキラを遥かに凌駕する実力を持っていた

そして塔矢アキラは余りの実力の差、そしてヒカルが囲碁を打ったことがない事に驚愕する

佐為の強さに味をしめたヒカルはアキラの前で失言をしてしまう

アキラの圧に尻込みするヒカルだったが、

アキラは再戦を望むのだった

参照:集英社 ヒカルの碁1巻1話〜4話

少年ジャンプ+|人気オリジナル連載が全話無料!の最強WEBマンガ誌
アプリなら『SPY×FAMILY』『怪獣8号』などオリジナル連載が初回全話無料で読める!人気マンガを毎日無料で更新中。WEB発の新作や少年ジャンプの人気作、メディア化した大ヒット作まで充実のラインナップ。面白いマンガを先読みするなら「少年ジャンプ+」。

コメント