第29回 乃木坂46 嫉妬の権利

第29回好きな歌解説とNo. 1歌詞は乃木坂46の嫉妬の権利

乃木坂46 『嫉妬の権利』Short Ver.
【レコチョク】嫉妬の権利 / 乃木坂46
音楽ダウンロードはレコチョク!(iPhone/Android対応)

秋元康は凄い

乃木坂46や欅坂46を応援していると、本当に秋元康には頭が下がる

なぜなら 全ての曲を秋元康が作詞しているからだ

僕は 乃木坂46・欅坂46の曲が好きだ

好きな理由はメロディだったり 雰囲気だったりたくさんあるけど、歌詞もそれの一つ

秋元康の作詞はやっぱり世の中に刺さっているんだと思う

だからこれだけたくさんの人の心を動かすし、人気なんだと思う

二番の歌詞が物足りない!

しかし、欲を言えば二番の作詞が物足りないことがある

Aメロ Bメロ サビ

Aメロ Bメロ サビ

間奏 大サビ

とあった場合、二番のAメロBメロが物足りないのだ

それはもちろん一番の歌詞の方が良く出来てしまうのは分かる

歌番組などに出た時も、二番は歌わないことが多いいし、メデイアの露出も少ない

二番歌詞がその名の通り二番手になってしまうのは仕方がない

如実に表れている”嫉妬の権利”

それが如実に表れているのが乃木坂46の「嫉妬の権利」だ

一番の歌詞では”日向の楕円の外には出ないように アスファルトに立って考え事をしてた”

こんな小説の一節読んでいるかのような素晴らしい歌詞を書いたと思いきや

二番のAメロで

“みんながいる時あなたが話していた 「House of cards」のDVD すぐに借りてきた シーズン2まで一気に観終わって その感想とか 語り合いたかったけど”

何だそれはと

何があったんだと

素晴らしい気持ちから一転して 現実に連れ戻される

こんな風にがっかりさせられることがたまにあるのだ

それでも好き!

こんながっかりした気持ちにさせられるのも秋元康の計算尽くなのかなーと思わされる

二番の歌詞を控えめにして、他をより引き立たせていたり

変な歌詞を書いて、ファンを右往左往させて楽しんでいたり

こうして取り上げるのも秋元康に転がされているだけなんだろうな

だからこれからも僕は 緩急ある素晴らしい歌詞を書く、秋元康が好きだ

No. 1歌詞は”切なさが 別人に変えるよ”

コメント