第11回 Mr.Children 口笛

第11回好きな歌解説とNo. 1歌詞はMr.Childrenの口笛

【レコチョク】口笛 / Mr.Children
ミスチルの最高傑作との呼び声も高い2000年発表の切ないラヴ・ソング。恋人への想いを、照れのない言葉で綴りながら、それでも拭えない孤独感が漂う"愛"の形を象徴の高みにまで押し上げた歌詞に涙腺をやられる。(CDジャーナル)

日々の不安や問題は

ひとたび目線を変えてみれば、簡単に解決するかもしれない

普段の些細な出来事も

明日の自分を作る、かけがえのないひととき

No. 1歌詞は”いつもは素通りしてたベンチに座り見渡せば よどんだ街の景色さえごらん 愛しさに満ちてる”

コメント