第10回 MAJOR 18巻

漫画一押しシーンとその解説

第10回漫画一押しシーンとその解説はMAJOR

右肩を壊し、左投げに転向した茂野五郎 旧姓本田吾郎はライバルの佐藤寿也に自慢のストレートを棒球であると指摘され、ボールの改善に励む

しかし吾郎はチームメイトには特訓の事を一切話しておらず、大事な試合にも遅刻してしまうのだった

ピンチに登板する事になった吾郎

吾郎は今まで投げていた力強いストーレは封印し、何の変哲も無いスローボールを投げる

そんな吾郎に檄を飛ばす山根だったが

吾郎はいとも簡単に相手を討ち取ってしまう

その理由はボールのキレにあった

自信満々な吾郎だったが山根はそんな吾郎が気に食わなかった

その後、吾郎とチームメイトに歪みが見え始め…

しかし吾郎は言う

自分の間違いに気づいた山根

それを恥じるかのように、全力で体を張った山根のプレーに三船東ナインは1つになる!

参照:小学館 MAJOR 18巻

無料で読める漫画を毎日更新!サンデーうぇぶり
小学館の「週刊少年サンデー」「ゲッサン」「サンデーGX」3誌が運営する、デジタル上の新漫画サービス。各誌の人気作品はもちろん、ここでしか読めない、必ず楽しめる刺激的な作品を多数掲載!

コメント