清潔感とは何か?

女性からモテるための必須条件である「清潔感」

あなたも一度は目にしたことや聞いたことがあるでしょう

しかし その清潔感って一体何?

と 思われる方も多いはず

実際に調べてみても 正解は皆無でした

ですので 今回は「清潔感」の本当の意味を紹介します

あくまで清潔感の意味を教えるだけで、清潔感を上げる方法などには一切触れないのでご了承ください

清潔感とは何か

それは容姿のトータルです

このトータルが個人(清潔感を判定する人)の定めたボーダーラインを超えると「清潔感がある」と言えます

清潔感を紹介するサイトによくある

・髪が寝癖でボサボサ

・肌が汚い

・無精髭

この様な人からは清潔感を感じられません!

などとありますが、まったく違います

これは あくまで一個人の容姿のトータルを決める判断材料に過ぎません

上記の内容を全て満たしていても 清潔感があると判定される人もいるし、全てに気を付けていても ボーダーラインを超えられない人もいます

ではそれは何故なのか?

スタートラインが違う

人は生まれながらに容姿に差があります

この場合の「容姿」とは

顔と体型です

これらが優れている人は元々 容姿のトータルの「持ち点」が高いです

(どの様な顔と体型が優れているのか という点については割愛します)

元々持ち点が高ければ 容姿のトータルは勿論高くなります

ですので 上記であげた清潔とかけ離れたマイナス要素を持ち合わせていても 清潔感があると判定される場合がある となるのです

A 容姿10点その他50点マイナス0点計60点

B容姿20点その他50点マイナス5点計65点

この場合、マイナス要素があってもトータルではBが高くなります

清潔感の判定方法

判定方法には個人差があります

この場合の個人差とは 判断する要素を「何点に設定するのか」という判断基準が人それぞれ ということです

例えば「肌が汚い」は容姿のマイナス要素です

しかし「肌が汚い」で20点下げる人もいれば、5点しか下げない という人もいます

この個人差は予測することができないので あまり気にする必要はないのですが、厄介な点が1つあります

判定方法が一律でない

判定方法に個人差があることは上で挙げた通りなのですが、問題はそこではありません

清潔感を判定する対象によって判断方法変わる

これが最も厄介なのです

例をあげます

(清潔感を判定する人が同一の場合)

容姿が優れたAとそうでないB

Aは肌が汚い場合でも著しく点数を下げられません

しかしBは肌が汚いだけで10点も20点も下げられてしまう場合があるのです

つまり「判断がからくなる」ということです

それと逆で 容姿が優れていると少しのプラス要素の加点も上がりやすいです

つまり「判断が緩くなる」ということです

これらは無視することができません

結果として

清潔感とは容姿(顔と体型)が優れない人ほど、

気を付けなければいけないということです

もちろん ボーダーラインを高く設定している人に対してはどれだけ頑張っても無意味かもしれません

しかし 人は生まれ持った自身で勝負するしかありません

努力することを惜しまず、ボーダーラインを突破しましょう

『最も注意するべき評価』

・髪型

・服のサイズ(ルーズに着る場合もタイトに着る場合もジャストサイズであるかどうか)

この二点だけです

そこのあなた

私は平均より容姿がいいと思い込み、あぐらをかいていませんか?

もしかしたら「清潔感がない」と判定されているかもしれませんよ

コメント