好きな歌解説 番外編 欅坂46 黒い羊

好きな歌解説とNo. 1歌詞

今回の好きな歌解説とNo. 1歌詞は番外編です

僕は欅坂46が好きです

このコラムでも度々扱っています

そんな欅坂46が2月27日に8枚目シングル

“黒い羊”

をリリースします

このブログのタイトルと”羊”というキーワードが重なった事にビックリしたのは置いといて..

驚いたのはその反響の多さ

ラジオでたった一回流れただけなのに、凄まじい勢いで世間に浸透していきます

YouTubeでも歌詞を起して歌ったり 演奏してみたり

このままいったら発売前に振り付けを考え踊り出す人まで現れるんじゃ?という勢い

そんな中で僕は一つの動画に目を奪われた

欅坂46 / 黒い羊 cover by Uh.

それはシンガーとして活躍するUh.(うー)さんのカバーだ

欅坂46の力強さはそのままに、自身の声ともマッチしていてとてもいい作りになっている

ドラマやアニメのエンディングにそのまま使えるぐらい素晴らしい出来栄えだ

それなのに

コメント欄には悲しいコメントが いくつかあったのだ

「歌唱力はメンバーより上なのに、メンバーが歌う方が圧倒的に刺さる」
「歌が上手いのはわかるけど やっぱ伝わらんなぁ」
「え、みんな本当にいいと思ってるの?」

これらのコメントを見て僕は思った

“メンバーが同じレベルで歌唱したらどうせこいつら絶賛するくせに..”

実際に欅坂46のメンバーもUh.(うー)さんの過去のカバーを高評価しているのに、そんな背景は関係なしに叩く

その時ふと思ったのだ

彼女がメンバーでない

ただ”それ”だけが理由だと

どれだけ歌が上手かろうと

どれだけ表現力があろうと

本物以外は全てまがいもの

そんな考えが彼等にある限り、他のものなど目にも映らないのだ

では、何故メンバー以外を傷つけるのか?

それは 他のものを評価してしまうと、本物に近づき、本物の価値が下がると感じているからだろう

他を下げ、間接的に欅坂46を上げている

“気に”

なっているだけ

そんなものがどれだけ愚かであるか何故分からないのか?

欅坂46が今まで伝えてきた想いや葛藤を見てこなかったのか?

「カバーしてる人の聞くと平手の声がいかに存在感ある 歌声か分かるわ」

何故 誰かを下げないと欅坂46の事が認められない?

彼女達の今までの努力はそんなちっぽけなものなのか?

まあ、それも今回リリースされる黒い羊になぞらえて言えば

“全員が納得するそんな答えなんかあるものか”

といったところか

その答えを出すために 彼女達は戦っているというのに..

コメント