「キャプテン」の代名詞はダイビングキャッチ!その驚くべき回数とは?

漫画一押しシーンとその解説

ちばあきお著作の漫画「キャプテン」は 野球好きであれば誰もが読んだことのある名漫画

そんなキャプテンでは 守備の際にダイビングキャッチがとても多い

特に外野の背面ダイビングキャッチはキャプテンの代名詞とも言える

今回はそんな 「キャプテン 1巻」のダイビングキャッチの回数をカウントしてみる事にした

ダイビングキャッチの定義はキャッチングの際に身体が 土 およびフェンスに触れた時とします(触れたと思われるものも含む)

「キャプテン」ダイビングキャッチ集

記念すべき第1回は内野のダイビングキャッチ

全てのシーンで帽子が取れているキャプテンの谷口!

坊主の利点を何一つ生かしていない

まさかのキャッチャーが投球をダイビングキャッチ

4コマで2つのダイビングキャッチ!

谷口も納得の高打率

二塁手と遊撃手がダブルダイビング!

ぶつからない不思議

ついに出た!外野手のダイビングキャッチ!

ぶつかるタイミングを作者が間違えたのか?と 一瞬混乱

当たり前かのように帽子が取れている

コイツらは壁にぶつかることを恐れないのか?

外野手大集合

もはや 効果音がどちらなのか分からない

ぶつかった瞬間すら見せない お洒落ダイビング

番外編

回数にはカウントされなかったが、面白いものをリストアップ

キャプテンの谷口を映すシーンでもダイビングのこだわりを魅せる

ボールが行方不明

どこからボールが飛んできたのかわからない

ダイビングにはダイビングと言わんばかりに飛び込んでいく捕手

五十嵐を強キャラにしてしまった挙句、ダイビングチャンスを逃す

もはや野球以外でもダイビング

剣道着姿でダイビング 防具の意味がない

一瞬で超回復

合計ダイビングキャッチ数はいかに!

キャプテン第1巻でのダイビングキャッチ数は驚異の32回!

1巻の総ページ数は312ページであるため、単純計算で10ページに1回ダイビングキャッチをしているという結果に!

まとめとして

今回ダイビングキャッチ数をカウントしてみたことで、著者のダイビングキャッチへの熱いこだわりを知る事が出来た

どんな打球も諦めず、壁にぶつかることも恐れない球児たちは正に人生のバイブルだ

コメント